リフォームや防水工事で快適な住宅作り~住宅のメディカルチェック~

インテリア

定期的なメンテナンス

室内

長年住み続けている住宅では、老朽化により様々な部分が劣化している可能性があります。特に、浴室などの水回りの劣化が激しいため、問題が発生するために防水工事リフォームをするべきです。築20年を超えた物件の場合は、いつどんなトラブルが発生するかは分かりません。問題が発生し、大きな問題となる前に自前に調査修繕を行うべきと言えます。注意するべき症状としては、浴室付近から水漏れが発生しているというケースです。一軒家の場合、浴室からの水漏れにより床板が腐ってしまう事もあります。また、湿気を多く含む木材はシロアリなどの害虫を呼び寄せるリスクを高めてしまいます。マンションやアパートなどの集合住宅の場合は、以前にも説明した通り、損害賠償問題になる可能性があります。そのため、問題が大きくなり収集がつかなくなる前に専門家に相談をしてみるべきと言えます。どんな住居であっても、水回りというのは最も劣化が早く激しい箇所です。そのため、常に大丈夫かどうかを確認しておく必要があります。

お風呂などの防水工事ではコーティングをすることがあります。これらは高い耐水性があります。
メンテナンスをする場合、FRPの上から塗り直す事ができますし、カラーは無数に存在します。また、速硬化性を持つため、素早く施工が完了するのも魅力の一つです。コーティングもほぼ均一な厚みで施工できるため、見た目もよく床や壁だけでなく天井の防水にも活躍しています。

Copyright© 2016 リフォームや防水工事で快適な住宅作り~住宅のメディカルチェック~All Rights Reserved.