リフォームや防水工事で快適な住宅作り~住宅のメディカルチェック~

インテリア

お風呂のリフォーム

室内

機能面の魅力

お風呂場といえば、タイルと呼ばれる床や壁の印象を持つ人も多いのではないでしょうか。このタイルと言うのは、防水工事の際に浴槽やトイレなど水回りに使われる事の多い素材です。耐水だけでなく、耐火、耐候、耐久性という様々な面で優秀な建材として人気があります。また、一度リフォームをすれば長期間に渡りメンテナンスが必要ないという点もタイルの魅力です。10年や20年を過ごす事を考えれば、とても優秀な素材であると言えます。水が染み込む事が少ないため、カビが発生せず健康な空間を維持する事ができます。また、汚れがつきにくく、拭くだけで簡単に掃除ができるため、手間の節約にも繋がります。これらの機能面の魅力だけでなく、タイルには様々なデザインが存在します。色とデザインを自由に組み合わせる事で、自分の家にしかない浴室空間を演出する事が可能です。この様に、タイル素材を使うというのは様々なメリットが存在するわけです。

人気の防水工事

浴室のリフォームを行う際に、近年ではFRP防水の人気が高まっています。FRPとはFiberglass Reinforced Plasticsの略であり、日本語では繊維強化プラスチックという意味です。これは、ガラス繊維などで強化したプラスチックで浴室をコーティングするという、近年の防水工事に使われる技術です。FRPは耐水性や強度だけでなく、成形性も高いため、様々な場面で活躍しています。

Copyright© 2016 リフォームや防水工事で快適な住宅作り~住宅のメディカルチェック~All Rights Reserved.